地元の人でさえ知らない幕西遊郭の真実

最後まで読めないと噂されるこの作品の舞台となったのは幕西遊郭です。 この場所は、歴史で北海道室蘭にあった売春宿のことです。
ここが政府からも公認された年には、北海道では、国家事業の一環として、数多くの場所をずっと公認していました。
こういった様々な政府の動きもありましたので、結果そのような事情で常に多くの人々で栄えていたといいます。 またこういった環境が栄えていた明治時代頃には、この屯田兵の輪西移住や炭礦鉄道会社の工事などです。 多くのことが重なり、室蘭港には、寄港する船舶の乗組員たちも大幅に増えました。 彼らがその場所で癒しを求め、幕西遊郭を支えていたともいわれています。 開拓の最前線の地にあった、幕西遊郭は稼ぐために、実際に父に売られて借金を返済するためにです。 このように常に自由を奪われ、熱心に働き続けていたことでしょう。 親なるもの断崖は、フィクション作品となっていますが、この売春宿の歴史を辿ってみるとどうでしょうか。 あながちこれが過去に行われていたことは、実際はフィクションではないのではないか、と実際に思えてくる箇所も多々あります。 と、いうのもこの作品では、実の父に売られてしまった少女たちが室蘭の「女郎・遊郭・芸妓」としてです。 たくましく生きていく姿が描かれています。

本当の情報は現在はかなり少ない

過酷で苦しい幕西遊郭は現代社会でも残る?

現代社会との誤差

彼女たちは、初潮も訪れない10代前半の幼い頃なのにも関わらず、必死に生き、働き、人生を歩んでいます。 こういった少女たちは、絶対に室蘭の幕西遊郭にも歴史で実在していたのではないでしょうか。 戦前の貧しい人々も耐えなかった日本の北海道では、親が子を女衒に売ることは、最早あたりまえだった時代でした。
そんな時代にこのような場所があれば、絶対にこの作品に登場した少女たちのような人生を歩んでいた方もいたことでしょう。
また親なるもの断崖の1巻では、長女が「自殺」するシーンがあります。 この幕西遊郭では、女郎や芸妓たちの、自殺は室蘭でも耐えなかったといわれています。 いつの時代でも変わらずに体を売ったり好きでもない異性との行為は苦痛で仕方がないことでしょう。 これはけしてネットが発展した現代社会でもなくなることはありません。 残念ながら日本の室蘭だけではなく世界で行われていることです。 これは後進国の東南アジアやアフリカでは当たり前のように今もあることです。 それは現在のコンドームなどの、避妊具がない時代です。

システムや料金は違えど風俗に変わるもの

けしてフィクションではない幕西遊郭という過去

真実を知る

室蘭の幕西遊郭このでは妊娠をしてしまっても、そのまま働き続けなければいけなかったため、母子共に精神的にも肉体的にも耐えることができず、死んでしまった方も多いといわれています。
また妊娠をしてしまった場合に、ほうずきを使い、胎児を降ろしていたと、いう歴史も残っています。
ほうずきで胎児を降ろすと、いうことは、母体にも影響は及んでしまい、実質自殺と変わらない行為となる場合もあるのです。 衛生面も完璧ではない状態で、仕事をこなすため、病気などに感染し、最後は、野垂れ死ぬこともよくあったといわれています。 このような過酷なこと、働いていた北海道の室蘭に住む女郎や遊女たちの感情、時代背景など、様々なものが細部までしっかりと描かれています。 そういったことをここの実際の歴史と重ねてみると、曽根富美子の「親なるもの断崖は、フィクション作品と謳っているが実際には、室蘭でのフィクションではない可能性も高い作品」と、いえるでしょう。 このような売春宿の歴史は、現在はあまり残っていないため、本当にあったことなのか、ということをしっかりと確かめることは、できません。 しかし幕西遊郭で行われていたであろう、様々なことを考えながらこの漫画を読んでみるとどうでしょうか。 きっとさらに感情移入をしながら作品を読むことができるのではないでしょうか。

恐ろしい売春宿の内容は残すべき


【このサイトの記事】

このページの先頭へ