曽根富美子のオリジナリティ溢れる独特な世界観

細かい描写

今日本中を切諫している漫画の作者でる、曽根富美子さんの経歴を紹介しましょう。 日本の女流漫画家、油絵作家としての知名度も高く、何度か賞などを受賞した経歴もあります。 曽根富美子氏は、親なるもの断崖で描かれていた北海道の室蘭市出身。
こういった残酷な物語を描いた理由は、語っていないが、曽根富美子氏が北海道室蘭市出身だからこそ、今もなお同じ地域に住むモノとしてこれを残しましょう。 「歴史を無視してはいけない」、「知ってほしい、可愛そうで目を背けたくなる内容ではあるが、現実にあった歴史」としてです。 親なるもの断崖を描いたのではないかと、今ネットで話題になっているような確かにこのストーリーは、北海道室蘭市が舞台となっています。 もしかすると事実が隠されているだけで知られていない同じ様な土地が日本には存在している可能性も十分ここからも考えられるのではないでしょうか。 そういった幕西遊郭がなかったことにされているような過去を暴いていく事は、実は単純に必要なことです。 それが若い世代に仮に漫画やアニメなどのような媒体でも伝えられていくことは将来へと大切なことなのではないでしょうか。 やはり、こういった細かい様々なシチュエーションの描写をする著者の曽根富美子です。


メッセージ性の強い曽根富美子の漫画

リアルな心情

実は、曽根富美子さんの漫画は、ネット配信されたことで、人気や注目を集めた作品だが、1992年に日本漫画協会賞優秀作品を受賞した経歴もある、立派な作品なのです。 今から20年近く前の作品ですが、現在も多くの人から注目を集めています。 また大手コミック配信サイトのランキングで、常に上位をキープしている理由は、ここでは昔から愛される、深くも本当に内容は重たい、多くの人々の心に刺さるものがあります。 そんな作品だからこそだといえるでしょう。
実際に曽根富美子の作品は、読んでみると、語りたいことが全て伝わります。
漫画の試し読みが可能なサイトで、実際に親なるもの断崖を読んだ多くの若い世代の方々が、口を揃えて言います。 「試し読みだけで終わらせるべきか、または続けて読めば心が痛むことがわかるが、読むべきなのか、戸惑ってしまう」と、語っています。 確かに、まんが王国なら試し読みで読むことができる1巻の少しだけの部分でもです。 こういった描写の残酷な重たい箇所は、痛い程に伝わります。 簡単に言ってしまえばこのストーリーは、遊女の話ですが、これは吉原炎上などの風俗とは、また違った痛みや重さが伝わる作品となっています。

重いだけでなく使命感を与える曽根富美子

未来に残したい曽根富美子の漫画

観光地の裏の顔

Twitterなどでは、この漫画を読んだ方の中に、「同じ北海道室蘭に住んでいるが、この話のことを知らなかった」ものです。 「遊郭のことは、少しだけ理解をしていたがこれまでに理解を深めることは、今では親なるもの断崖を読まなければなかっただろう」と、同じ土地に住む人達からの感想が多いです。 こういった現地の読者の感想は、曽根富美子氏が狙っていたと思われている、「地域の歴史を伝える」という、ターゲットにヒットしたのではないだろうか。
実際に室蘭市は、北海道の中でも、知名度の高い土地であり、観光地なども多くある場所です。
そんな室蘭に、この親なるもの断崖で描かれているような歴史ある風俗がこのように存在し、そして苦しくも現実に戻ります。 悲惨な出来事が起きていたことは、殆どの方が知らないことでしょう。 確かに、曽根富美子さんのように北海道室蘭市出身の方であれば、こういった場所のことを耳にしたことがある方も多いでしょう。 しかし地域は、資料なども少ない売春宿といわれていることから、殆どの方が知らない場所ともいわれています。 心に痛みが走り、思わず目を背けたくなってしまうような内容の歴史ですが、この歴史は、同じ日本に住んでいるのであれば、頭の片隅にでも入れておかなければいけない、そんな歴史のようにも思えます。

事実の裏側を曽根富美子の作品で知る


【このサイトの記事】

このページの先頭へ